セバスチャン・フィツェック 『前世療法』

前世療法
 以前付き合っていた看護師のカリーナからの呼び出しを受けた弁護士のシュルテンは、カリーナが勤める病院に脳腫瘍で入院している10歳の少年のジーモンに引き合わされます。ですが、15年前、彼の前世において殺人をしたので弁護士を頼みたいというジーモンが示した場所で、少年の告げたとおりに死体が発見されてしまいます。そしてシュルテンに向けられる警察の疑惑の目に加え、謎の脅迫者がシュルテンに送りつけてきたのは、いまだに彼の心の傷となっている前妻との間に生まれてすぐに死んでしまった赤ん坊の死の瞬間の映像でした。

 「前世療法」なるセラピーで甦った殺人の記憶を持つ少年の証言通りに発見される死体という不可解な状況は、シュルテンの亡くした赤ん坊の生まれ変わりがいるのかもしれないという、脅迫者からの仄めかしとの相乗効果をもたらし、「生まれ変わり」という現象がこの作品世界では是認されているのか否かという読者の視点の基軸をも大きく揺さぶります。
 さらには先回りをしている不気味な脅迫者の存在は、真実を追うシュルテンたちの立場をこれでもかとばかりに追い込んでいきます。その辺りの話の運びの上手さは、スピード感のあるリーダビリティの高い作品を生み出していると言えるでしょう。
 また、些か不自然なまでの繋がりが無いとは言えない部分もあるものの、「生まれ変わり」という神秘的な要素が、謎の提示から真相の解明部分までの中に綺麗に配置されており、本作はノン・ストップ・サスペンスものとして、極めて高いエンターテインメント性を確立しています。
 さらには、生まれたばかりの息子を「死」によって突然奪われたことをいまだに受け入れきれずにいるシュルテンが、病魔による死という逃れられない運命を持つジーモンと、そして勇敢な看護師のカリーナや個性的な登場人物であるボルヒェルトらとともに奔走することで、心に傷を負った登場人物が事件の中で癒されていく再生の物語としても、実に上手く構成されることになります。